武内相続センター 光冨 航平

●入社のきっかけとなった、武内総合会計の一番の魅力を教えてください。

私は、前職で上場会社の経理職を経験し、中途採用で武内総合会計に入社しました。経営において経理がいかに重要であるかを身に染みて感じてはいたものの、日々の業務の中で誰かに感謝されることの少なさ、そしてお客様との距離の遠さに不満を抱いていました。そこで、これまでの経験を活かして、よりお客様の為になれる仕事をしたいと思い、税理士事務所で働くことを決めました。また、実務経験を積みながら税理士資格の取得を目指していた私にとって、充実した研修制度や資格取得に対して手厚いサポートを受けることのできる武内総合会計は、自分を大きく成長させることができる職場環境だと思い、入社を決意しました。

 

●現在の仕事内容を教えてください。

事業会社や個人事業を営まれている方に対しては、訪問監査や決算業務、税務申告書の作成を行っております。また、相続税の専門部署でもあることから、生前の相続対策や申告書の作成にも携わっております。入社当初は、訪問監査の手順も分からず、税務申告書も見たことがないところからのスタートでした。相続の案件についても同様で、完全未経験からのスタートでしたが、上司や先輩に同行することでノウハウを学ぶことができました。税制改正や各種法改正など、勉強することが多い日々ですが、自分自身の頑張りがお客様の利益を守ることに繋がるのだと思うと、とてもやりがいを感じています。

 

●入社後の思い出に残るエピソードを教えてください。

入社して1年が経過する頃、新型コロナウイルス感染症が世間をにぎわせる様になりました。時短要請や外出自粛による影響は、私が担当している顧問先様の損益や資金繰りにも大きな打撃を与えました。そのような状況を踏まえ、国や地方自治体から様々な給付金や補助金、一時金等の情報が発表されました。いち早く情報を整理し、担当する顧問先様へのアナウンスや申請手続きのサポートを行う中で掛けられた感謝の言葉は、本当に忘れることができないものばかりでした。この経験は、私にとって自信へと繋がるものとなった為、今後も顧問先様から感謝して頂けるようなサポートをしていきたいと思いました。

 

●リクルート活動の方へメッセージをお願いします。

私は、武内総合会計に入社して本当に良かったと思っています。お客様との距離も近く、前職では感じることができなかったやりがいを日々感じています。また、信頼できる上司、優しい先輩、向上心のある同僚が多く、とても風通しの良い環境です。顧問先数も九州トップクラスを誇り、新人のうちから幅広い業務にチャレンジできますし、成果に対してはきちんと手当も支給されます。掲げた目標を実現できるよう最大限のサポートをしてくれる環境が整っているので、業界未経験でも向上心の強い方にピッタリだと思います。私自身も夜間の大学院に通いながら勤務していますが、事務所からも応援して頂いております。