承継再編部門 フィナンシャルアドバイザリーサービス課 大野 潤也

●入社のきっかけとなった、武内総合会計の一番の魅力を教えてください。

育てる、育つ環境があることです。私自身は中途入社であったため、未経験であることにかなりの不安がありました。武内総合会計では、キャリアパス制度があります。将来、自分が働いている姿をイメージして、その姿になるためにどういった能力が必要か等が明確になっていますので、未経験であっても、成長していける環境があると感じました。実際、各種の研修が充実していると感じますし、わからないところは、先輩や上司に聞きやすい環境があります。自分が目指す働き方ができるよう主体的に日々取り組んでいます。

 

●現在の仕事内容を教えてください。

訪問監査や決算業務、税務申告書の作成等をしています。税務や会計に関する知識が必要なため、日々勉強しています。訪問監査とは、顧問先を訪問し、会計資料の確認を通じて税務・会計の観点から誤りがないかを点検するとともに、税務・財務・経営等多方面にわたるアドバイスを行うことです。スタートは先輩・上司の同行から始まりますが、点検の方法やお客様への報告の仕方等とても勉強になります。この仕事は経営者の方と直にお話しをさせていただくことが多く、緊張することが多々ありますが、非常によい経験をさせてもらっていると感じています。私が所属する部署は、M&Aや事業承継等を専門としていますので、これらの研修を受けたり、打合せに同席させていただいています。

 

●入社後の思い出に残るエピソードを教えてください。

担当を持ち、訪問監査を単独で行うようになった頃、損益計算書や貸借対照表の報告をした際に、お客様から「なるほど」「わかりやすい」と言っていただけた時はうれしかったです。私自身はコミュニケーションが得意ではありませんが、事前にきちんと準備をすることで補うことができると感じました。また、初めてMAS監査(通常の監査より、より付加価値の高いもの)や事業承継等の打ち合わせの場に同席させてもらった際は、内容もよく理解できず勉強不足を痛感しました。それと同時に、これらの業務をこなせるようになりたいと思いました。これからは、これらの業務にもチャレンジしていきたいです。

 

●リクルート活動の方へメッセージをお願いします。

武内総合会計にはキャリアパス制度がありますので、自分の将来をイメージして、仕事に取り組める環境が整っています。未経験の方でも、自主性を持って主体的に働くことで、活躍できる会社だと思います。